副業ランキングで人気のFXを徹底解説

FXとは取引の仕組みが他とはいろいろ違います

FXとは外国為替を証拠金取引で売買します。外国為替とは各国が使用する通貨のことでして、証拠金取引は決済方法が現物の売買を伴わない差金決済で行われるから、決済時に資金が不足して決済出来ないことが無いように保証金として証拠金を用意する取引です。そしてFXでよく言われるレバレッジとは取引する金額が証拠金の何倍かを表していて、レバレッジが大きくなるほど予想が外れた場合、証拠金が不足して追加証拠金を迫られやすくなります。レバレッジは個人では最大25倍まで取引が出来ます。しかし実際は25倍では取引が出来ないです。レバレッジが25倍とFXの会社ではそうなっていても、25倍になるとちょっと予想の反対の値動きをするだけで追加証拠金を迫られることになります。だから証拠金を多めに入れて、すぐに追加証拠金を要求されないようにする必要が有ります。それで実効レバレッジが25倍から下がることになります。証拠金取引は現物を伴わない売買ですから、現物を持っていなくても売りから入れます。売りから入っても売買の仕組みは変わりません。他にも外国為替取引の場合は外国通貨を円で買うか、外国通貨を売って円を受け取るかですが、FXの場合は異なる外国通貨同士の取引も出来たりします。それをクロスカレンシー取引と言います。クロスカレンシー取引はどれでも出来るわけでは無く、通貨ペアは決められています。さらにFXは同じ証拠金取引みたいに限月が無く、ポジションをずっと持っていることが可能です。FXには他の投資には無いメリットが有ります。それはスワップポイントと言って毎日お金を貰えたりします。スワップポイントとは外国通貨を買うと購入した金額によって受け取れるものでして、それが毎日貰えます。クロスカレンシー取引でもスワップポイントが貰えます。ただ逆に外国通貨を売った場合はそのスワップポイントを払う必要が有ります。FXは他の取引と違い独特のシステムで売買されていますから、メリットも他と違ってきます。だからFXを始める時は他との違いをよく理解してから始めることです。

 

 

FXにはいろいろリスクが有ることを知っておくべき

 

FXのリスクにはいろいろ有って、実際起こってみて初めて分かるというのも有ります。それではどんなリスクが有るかを書いてみます。為替の変動というリスクが有ります。為替の変動はレバレッジで大きく動きます。本来為替は株とかよりも変動が小さいから、リスクが小さいはずですが、レバレッジがリスクを高くしています。金利の変動のリスクが有ります。とある通貨を売っていてマイナススワップを払っている状態だと金利が上昇すると払うスワップも上昇します。ロスカットになるリスクです。一時的な下げだと思っていてもロスカットラインに到達すれば証拠金が残っていても強制ロスカットです。相場が反転して逆に儲かっていたとしても、もうポジションは無いというリスクが有ります。スリッページリスクと言って、約定が不利な値段まで滑る場合があります。逆指値など滑って意味が無い時とかが有ります。追証リスクが有ります。判定時に追証になっていればポジションが戻っていても追加証拠金を入れなければならないです。入れないと強制ロスカットになってしまいます。流動性のリスクが有ります。市場が休みとかで値が動かなくなる場合、FXで稼げなくなってしまいます。最後にシステム障害のリスクが有ります。取引中にこれをやられると場合のよっては大損をしてしまいます。そして業者に損害賠償を求めてもシステム障害が起こる場合があることを説明してあるとして、損害賠償は拒否されます。リスクにはリスクと言えないほどの物もありますが、取引額が大きくなればなるほどリスクが大きくなっていきますから、リスクと言えない小ささでもリスクと認識しておくべきです。そして避けられるリスクは避けられるようにしておくべきです、例えば取引をするFXの業者を1社に絞らないで分散しておけば、仮に一つがシステム障害で止まったとしても、他の方で反対売買をして両建てにしておけば、損失を抑えることが出来ます。

 

 

損切りではなく両建をしてしまう問題点とは

 

投資商品では、リスクは非常に大切です。そして、その対策はもっと大切ですね。
王道としては、やはり損切りになるでしょう。逆指値の注文をする癖をつけておけば、大損失になってしまう確率は低くなると考えて良いです。それを忠実に行うのが、一番大切ですね。
ところで人によっては損切りではなく、両建てをしてしまっている方もいらっしゃるのです。両建てとは、FXの買い玉と売り玉を同時保有する状態を指します。
それは1つのやり方ではあります。確かにその2つの玉を保有すれば、とりあえず損が確定する事は無いでしょう。一時しのぎ的に、しばらくはそれで様子を見る方法もあるのですね。それで当面はリスクを回避するのも一法です。
しかし残念ながら、それには大きなデメリットが1つあるのです。動きが取れなくなってしまうのですね。
そもそも金融会社に預けることができるお金には、限りがあるでしょう。それで例えば、100万円を預けているとします。
1つの建玉を保有する時の予算が、10万だとしましょう。それで買い玉と売り玉の両方を保有すると、合計20万の予算が必要になります。さらにそれで含み損が発生している状況ならば、前述の100万の予算を大きく圧迫してしまいかねないのですね。それで新たな注文をする事ができなくなってしまいます。証拠金が不足しているからです。
しかも量だけの状態になってしまっていると、外すタイミングで悩みます。いずれはその状態を解除しなければならないのですが、それを外すタイミングが非常に難しいのですね。しばらくの間は悩み続けることになってしまいますので、正直あまり割が良くないでしょう。
それよりもあまり損が大きくないタイミングで、損切りを行う方が良いと思います。それほど大きな損になっていない訳ですから、仕切り直しでもう一度売買をするば良いだけなのです。
そのような合理性に関する問題点があるので、多くのFXの会社は両建てを禁じている訳ですね。

 

 

バイナリーオプションで手軽に投資を

 

投資といえば、まずはまとまった資金を用意し、その資金で、株や為替を売買する事で、お金を増やしていくというイメージを持つ人も多いでしょう。
株式の場合、興味のある企業の株を購入しようと考えたら、数十万円以上のお金を用意する必要があるという事も少なくありません。
その為、興味はあっても始める事すら出来ないと悩んでしまう人は多くいます。
更に、売買のタイミングが悪い、もしくは相場が一気に暴落すれば、財産が一気に減ってしまうという事も珍しくありません。
FXでも同じ事がいえます。
そんな中、まとまったお金がなくても手軽に始めやすく、リスクも比較的少ない事で注目を集めているのが、バイナリーオプションです。
最初に必要になってくる資金は、バイナリーオプション業者によって変わりますが、1万円から5万円程度の資金を入金する事で、気軽に取引を始める事が可能となっています。
更に、取引の単位も業者によって異なり、1,000円単位の業者もあれば、100円単位での取引が可能という業者もあり、少額でも取引可能な気軽さも人気となっています。
そして、実際に100円や1,000円を使って行うのは、指定された相場が指定された時間に上がっているか下がっているかを二者択一で選択していくだけと、とても簡単です。
予想が当たれば、取引に使った金額に配当金がプラスされた金額が戻ってくる事になります。
ただ、予想が外れれば、取引に使った金額は全額没収となります。
ですが、1回の取引に使う金額は少額であれば100円や1,000円程度と少額です。
ですから、バイナリーオプションの場合、予想が外れても、財産が一気に半分に減ってしまうという事はありません。
その為、株の相場や為替の相場が分からない初心者であっても、気軽に始める事が出来る、流れを掴んでいく事が出来ると人気となっています。
投資といえば、とても難しいというイメージを持つ人もいるでしょう。
そんな人でもバイナリーオプションであれば、気軽に投資を始める事が出来ます。

7月1日。あと少しで東京時間が終了します。本日の東京時間は、2日前にギリシャ問題で荒れた相場とはとても思えないほど、落ち着いた値動きでした。全てのクロス円が前日比プラスを推移。しかも、午前、午後と変わらない雰囲気。これは、奇跡ですね。こういう雰囲気の相場なら安心して見ていられます。ただ、ギリシャ問題がおさまったわけではないので、トレードは控えたいです。やるなら、東京時間ではレンジ相場向きのスキャルピング。欧州時間が始まるまでには決済するのが安全です。もし、欧州が始まる前に利益が出なかったら、早めの損切りもありです。このようにトレードしていかないと今の相場は無理だと思っています。東京時間と欧州時間は完全に切り離すことです。巻き込まれないための戦略としては、これが大事。どんな相場環境であろうと、毎日一定の値幅は動きます。値幅で考えたら、全くできないという事はないです。ただ、わかるように動いてくれないからやりにくい。値幅はあってもトレード出来ないと感じるのはわからない相場だからです。自分の中に勝ちたいという気持ちがあったら、分かる相場を選ぶべきです。わざわざわからない相場に飛び込む必要はありません。今の相場は、個人的に選ぶべき相場ではないと思っています。一旦は落ち着いたといっても、まだギリシャ問題で揺れています。7月5日には国民投票があります。それまでは、突然な値動きも場合によっては起こると考えています。いくら安定していても疑いの目で相場を見てしまうのは事実。こういう気持ちの時にポジションを持つのはあまりよくないです。納得していないポジションで、納得していない損切りにあうと、自分は許せるのか?答えはノーです。心の中にモヤモヤを抱えて何日間も引きずってしまうと思います。同じ損切りにあうのであれば納得して持ったポジションで、納得のいく場所で損切りにあいたいものです。ここに価格が到達すればトレンド転換という場所に置けば、ダメージは少ないです。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:43:28

簡単なFXの戦略に、順張りや逆張りがありますがそれぞれをやるメリットとは何があげられるのでしょうか。
まず順張りですが、これはいわずもがなトレンドが明確に出ている為替レートなどに使ううことで、儲けの幅がとれるのが理想的でありますが、儲けの幅がときに小さくなるのがたまに傷です。
順張りは成功率も高いぶん、儲けの幅が限定されることが多いのですが、安全性をメインにするFXトレーダーに多く用いられる方法です。
次に、順張りはあえてトレンドが出ていてもそれを無視したワイルドなトレード方法です。
主にヨーロッパなどのFXトレーダーが多く用いているようですが、これは成功率が低い代わりに成功したときには儲けの幅が大きくなりやすいというメリットがあります。
順張りと逆張りを比べたときに、リスクが大きくるのは逆張りで、利益が大きくなるのも逆張りです。
順張りはリスクが低い代わりに、儲けの幅が小さいのです。
それらを一概に比べることは相場により違いますし、どちらを推進することもありませんが、国内では逆張りより順張りを多様している
人のほうが多くいるように感じます。
その理由だと思うのは、やはり日本人は神経質で心配性な人が多いからかもしれません。
こういうFXトレーダーを草食性というのなら、逆張りのトレーダーは肉食系かもしれません。
順張りにせよ逆張りにせよ、そのトレンドを知るにはどうしたらいいのでしょうか。
それは5分足などの足が大きく並んでいることや、ゴールデンクロスと呼ばれるトレンド線が出ているときなど、使っているチャートによりサインはそれぞれなのです。
トレンドにはFXトレーダーは敏感にもなりますから、みんなが同じ勢いでエントリーをすれば次のトレンドもまた生まれやすくなり、トレンドがどの程度続くかには気をつけながらもその利幅を最大限取るようにしたいところです。
特に順張りの場合では、その利幅をとれると大きな成果になります。
逆張りの人もそうですが、トレンドがでているときは自分の自信がある方法で取引をするといいかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:43:28

FXと言えばレバレッジの倍率を何倍にするのかが1つのポイントになります。余りにも高いレバレッジを掛けてしまうと、儲かる時は大きく儲かりますが当然の事ながら損する時に大変な事になる可能性も出て来ます。
レバレッジの簡単な解説なのですが、例えば資金1万円を用意してFXを始めるとして、日本国内の最大倍率である25倍を設定したとすると、25万円の仮想資金を運営出来る事になります。
仮に資金に対して20%の利益が出たすると、5万円儲かります。もしレバレッジを掛けていなければ¥2,000しか儲からない事になるので、効率が全く違いますね。しかし損する時も同じで、資金にたいして20%の損失を出してしまうと、1万円であれば¥2,000を損するだけで済んだのですが、25倍ですので5万円の損失となり、実際の残高である1万円を超える損失が出た事になります。
日本国内の制限倍率内であればまだこのくらいの話で済むのですが、海外のFX口座で運営するとなんと500倍以上のレバレッジを掛ける事も可能となります。
少し極端な例ではありますが500倍のレバレッジを掛けたとして、20%の例で言えば100万円が動く事になります。実際に口座に入っている現金は1万円ですので、現実の懐事情を遥かに超えたお金が動いてしまうのです。
これにより、貧乏だった方が一瞬にして大金持ちになったり、今までコツコツと増やしたお金があっという間に無くなって大借金に変わってしまったりと、少し現実離れした事態が起こりうるのです。
では、仮に初心者の方がFXを始めるとして、どのくらいのレバレッジを掛けるのが良いのでしょう?あるいは掛けない方が良いのでしょうか?
私からの答えは「自分のスタイルを確立するまではレバレッジを掛けない」とします。
初心者の方であれば、恐らく取引をシミュレーションで練習してから始める方が多いかと思います。
しかし、あまりにも急激な値動きがあると、ロスカットが間に合わなくなってしまう事もあるのです。そういった災害のような値動きや、そもそも継続して勝つ事が出来るようになるまで実力を付ける事など、レバレッジを掛けずに経験すべき事がまずたくさんあるのです。
一攫千金が可能なFXですが、その逆もまた然りです。
再起不能なダメージを負ってしまう方もたくさんいらっしゃいますし、やはりそこには高い倍率のレバレッジが掛かっていたケースがほとんどなのです。
ですので、年単位での練習だと思ってじっと我慢し、少額での取引を続ける事を強くオススメします。
急がば回れという言葉がありますが、FXではまさにその考えが必要です。
しっかりとした理論に裏打ちされたやり方を確立し、最悪のケースにも対応出来る事前準備をじっくりと行い、その先にある成功まで焦らず一歩ずつ進んで行きましょう。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:43:28